私のニキビ撃退法は治療薬!オススメの薬を紹介

2018年11月7日

ニキビ治療薬のオススメ

ニキビ治療薬のオススメ

ニキビ治療薬のオススメは人によっても変わりますし、症状によっても変化してきます。

その人の肌質に合うか合わないかは使ってみないと分かりません。

もしも、利用している最中に違和感を感じたらすぐさま、使用を中止し、病院にて診察をされることをお勧めします。

軽度ニキビにオススメの治療薬

軽度ニキビにオススメの治療薬

軽度のニキビ治療には薬局やドラックストアなどで販売されているニキビ治療で事足ります。

ニキビの症状によってお勧めの治療薬は変わってきます。

ペアアクネクリームw

ペアアクネクリームw

炎症による赤ニキビや黒ニキビ、白ニキビなどに効果的なのがペアアクネクリームwになります。

皮脂が過剰に分泌され、皮脂によって詰まった毛穴にアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてしまった赤ニキビの原因であるアクネ菌の炎症を抑える作用があります。

テラ・コートリル軟膏

テラ・コートリル軟膏

市販のニキビ塗り薬の中にも、ステロイド剤入りのものがあり、この成分ステロイドは抗炎症作用があるため、ニキビを鎮静化させる働きが期待できます。

赤ニキビや黄ニキビなどに効果があるとされています。

ステロイドは肌が乾燥しやすくなるので、広範囲に塗ることはお勧めしません。

重度ニキビにオススメの治療薬

重度ニキビにオススメの治療薬

重度ニキビには病院で処方される薬として『ダラシン』『トレチノイン』『アダフェリンジェル』があります。

基本的にはこの3つが多いとされており、何日経っても治らなかったり、市販のニキビ治療薬で効果を得ることが出来なかった方に向いているとされています。

ダラシン

ダラシン

ダラシンは殺菌力が高いため、大人ニキビや重度のニキビを治療するのに最も適しているとされています。

顔にできたニキビ以外に、背中・腕・頭皮のニキビにも効果的だと言われており、ニキビに悩む方にオススメとなります。

レチノA(トレチノイン)

レチノA(トレチノイン)

レチノAに含まれる成分トレチノインは皮脂の分泌を減らすと同時に毛穴自体も小さくし、今あるニキビの治療から、これからできるニキビの予防まで出来ます。

また成分容量には2種類あり『0.025%』と『0.05%』があり、初めてニキビの処方薬を利用されるのであれば、『0.025%』から初めて行くことが推奨されています。

アダフェリンジェル0.1%

アダフェリンジェル0.1%

成分レチノイドが皮脂の分泌を減らすので、毛穴に皮脂が詰まるのを防ぐことが出来ます。

また毛穴そのものを小さくする効果もあり、皮膚のターンオーバーを促進する効果があり、シミやニキビ跡も治ります。

ニキビの予防効果に治療効果の2つの効果を持ち合わせている薬になります。